【新車】伝統のボディカラーをまとった限定車「フィアット500C 60th」

数多くの限定車が設定されているフィアット・500。今回はカブリオレモデルの「フィアット500C」に限定車「500C 60th(シックスティース)」が設定され、5月21日に50台限定で発売されました。

2代目のフィアット500である「Nuova 500」の誕生60周年を記念した同限定車は、内・外装に数々の専用装備が用意されています。

ベースは充実装備の「1.2 Lounge」で、限定車ならではの特別な2トーンボディカラー「ビコローレ」が採用されています。車体の上下を異なる色で塗り分けた「ビコローレ」は、「Nuova 500」が誕生した1957年以前からフィアットが採用していたという伝統的なカラーだそう。

同限定車は、アイボリーとアイスホワイトを組み合わせ、歴史あるビコローレをモダンなタッチで再現されています。

さらに、エンジンフードのクロームラインやクローム仕上げのエクステリアミラーハウジング、2トーンの専用アルミホイールといった外装パーツや、往年のFIATエンブレムをモチーフとしたFIATビンテージロゴ、「60」の文字をあしらったBピラーの60thロゴなどを用意。

アイボリーを基調とした内装は、鮮やかなボルドーが随所に散りばめられています。アイボリーのレザーシートに、ボルドーのパイピングがアクセントになっているほか、ボルドーのダッシュボード、ボルドー/ブラックのフロアマットなど限定車ならではのカラーリングが目を惹きます。

さらに、さまざまな情報を鮮明なカラー液晶パネルに表示するTFTメータークラスターも特別装備。1.2Lの直列4気筒エンジンに「デュアロジック」と呼ぶシングルクラッチのATモード付5速シーケンシャルを組み合わせる「フィアット500C 60th」。価格は2,840,400円です。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事