【中古車】3カ月で約70万円も値上がりした日産・セレナの稀少中古車とは?

中古車は年式が古くなるにつれて、価格は安くなっていくのが一般的です。しかし、生産終了した絶版車の中には価格が高騰する車種もあります。

例えば日産スカイラインR34GT-Rは現在40台の中古車が流通していますが、平均価格は2018年1月の時点で669万円でしたが、現在は735万円と3カ月で66万円も値上がりしています。また新型が登場すると言われているトヨタスープラも80系が212万から250万円へと38万円の値上がりとなっています。

R34GT-Rの平均価格がわずか3カ月で66万円の値上がりはもはや暴騰と言えるレベルです。しかし、今回このR34GT-Rの値上がり額を超えるクルマを発見しました。そのクルマは2018年1月の時点の平均価格は129万円でしたが、現在は198万円となんと!69万円も値上がりしているのです。

その車種というのが、日産セレナライダーパフォーマンススペック S-HYBRIDです。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事