時代と共に生まれ変わるV-OPT。創刊スタッフのハチャメチャ振りとは?【Play Back the OPTION Spin off】

2018年3月26日午後8時。ビデオオプション(以下V-OPT)セル版発行終了というひとつの時代を経て、そしてyoutube配信へと生まれ変わる瞬間を見届けるため、私はパソコンの前に座りV-OPT初の生配信を見ました。

現在、私はOPT誌、V-OPTともに直接にはあまり関わっておりません。しかし、clicccarにて「昔のOPTを紹介する」という大役(笑)を仰せつかっていることを考えると、Daiちゃんの次に長くOPT系に携わっているのは……あらまぁ、私なんですねぇ(汗)。OPT系のお局様!?としては、新生V-OPTを厳しくもナマ温かい目で見守らねば!

実は、この新生V-OPT情報を知ったのは配信の数日前。clicccarにてお届けしている【Play Back the OPTION】のネタを仕入れるため(バックナンバーのスキャン)、OPTION編集部のある新木場・ディーズクラブを訪ねたときでした。

最高速男「稲田大二郎」(以下Daiちゃん)の娘ちゃん、まみなさんから仕入れた情報によると、OPT本誌もリニューアルし、そしてV-OPTもyoutube配信へと変化、いや進化するため、生V-OPT配信日当日、3/26発売のOPT本誌でお披露目になる、とのこと。実際には生配信でメイン司会を務めた鈴木学さん(マナピー)のフェイスブックなどで3/26以前から情報は少々流れていましたが。

この記事の著者

永光やすの

永光やすの 近影
「ジェミニZZ/Rに乗る女」としてOPTION誌取材を受けたのをきっかけに、1987年より10年ほど編集部に在籍、Dai稲田の世話役となる。1992年式BNR32 GT-Rを購入後、「OPT女帝やすのGT-R日記」と題しステップアップ~ゴマメも含めレポート。Rのローン終了後、フリーライターに転向。AMKREAD DRAGオフィシャルレポートや、頭文字D・湾岸MidNight・ナニワトモアレ等、講談社系クルマ漫画のガイドブックを執筆。clicccarでは1981年から続くOPTION誌バックナンバーを紹介する「PlayBack the OPTION」、清水和夫・大井貴之・井出有治さんのアシスト等を担当。