日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤー受賞! 世界販売30万台を達成! 日産リーフってなにが凄いのか

2010年に登場した日産リーフは、新世代の量産EV(Electric Vehicle/電気自動車)のパイオニアとして累計販売台数が世界一を記録するなど国内外で高い人気を誇りました。日産リーフはこの1月にグローバルで累計約30万台を販売したことが発表され話題となっています。

初代の後を受け昨年9月に登場した新型「日産リーフ」は、パワーユニットの進化はもちろん、利便性や安全性能に磨きをかけ大きな進化を遂げています。

そんな新型「日産リーフ」は、日本自動車殿堂よりカーテクノロジーオブザイヤー(2017〜2018年)を受賞しました。

日本自動車殿堂  カーテクノロジーオブザイヤーといえば、該当年次に発表された国産乗用車・輸入乗用車のなかで最も優れた技術を持つ1台を大学の教授を中心とした選考委員の投票により選出するイヤー賞。簡単にいえば、技術のスペシャリストが一年で最も技術的に見所があると認めたクルマを表彰するイベントです。

昨年登場したクルマのなかで、もっとも技術的に優れていると評された日産リーフについて受賞の理由を日本自動車殿堂会長でイヤー賞選考委員委員長の藤本彰さんにうかがいました。

『日産・リーフ』の最新記事

【日産リーフe+試乗】航続距離を伸ばしパワフルになっても室内空間を犠牲にしなかったリーフの大容量バージョン
【日産・リーフe+】史上最強の「リーフ」登場。ブルーのリップスポイラーが「最強の証」!?
【日産・リーフ ニスモRC試乗】「まだまだ速くなれるけど、クルマとしての面白みも残す」。開発ドライバー・松田次生選手に話を聞く
【日産・リーフ ニスモRC試乗】ほぼワンオフの4WD化フルチューン。コストダウンを狙った現実的な造りにも注目
【日産・リーフ ニスモRC試乗】いまこそ「やっちゃえ日産」だ! 市販EVベースのレース実現を…という期待感を抱かせる仕上がり

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事