日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤー受賞! 世界販売30万台を達成! 日産リーフってなにが凄いのか

2010年に登場した日産リーフは、新世代の量産EV(Electric Vehicle/電気自動車)のパイオニアとして累計販売台数が世界一を記録するなど国内外で高い人気を誇りました。日産リーフはこの1月にグローバルで累計約30万台を販売したことが発表され話題となっています。

初代の後を受け昨年9月に登場した新型「日産リーフ」は、パワーユニットの進化はもちろん、利便性や安全性能に磨きをかけ大きな進化を遂げています。

そんな新型「日産リーフ」は、日本自動車殿堂よりカーテクノロジーオブザイヤー(2017〜2018年)を受賞しました。

日本自動車殿堂  カーテクノロジーオブザイヤーといえば、該当年次に発表された国産乗用車・輸入乗用車のなかで最も優れた技術を持つ1台を大学の教授を中心とした選考委員の投票により選出するイヤー賞。簡単にいえば、技術のスペシャリストが一年で最も技術的に見所があると認めたクルマを表彰するイベントです。

昨年登場したクルマのなかで、もっとも技術的に優れていると評された日産リーフについて受賞の理由を日本自動車殿堂会長でイヤー賞選考委員委員長の藤本彰さんにうかがいました。

『日産リーフ』の最新記事

日産リーフの中古バッテリー+ソーラーパネルを福島県浪江町で外灯として再利用
【週刊クルマのミライ】新型リーフのパワーアップにはインバーターの冷却強化が効いている
自分で駐車場所を見つけてくれる! カメラとソナーで可能になった日産リーフのすごいところ
【日産オールラインアップ雪上試乗】EVは寒さに弱い!? けど、新型リーフは雪と氷に強いと断言できるワケは?
累計30万台、販売台数世界一のEV「日産リーフ」がもっとも売れた地域は日本じゃなかった!