【レクサス・RX試乗】待望の3列シートモデルは乗り味を変えずに利便性を向上

レクサスブランドの中で、日本国内で最も多い販売台数を誇るのがミドルサイズSUVのレクサスRXです。RXは日本国内だけでなく、グローバル市場においてもラグジュアリーSUVの人気モデルとして高く評価されています。

RXはこれまで5人乗りの2列シート車しか設定されていませんでしたが、2017 年12月に行われた一部改良と同時に7人乗り3列シート仕様のRX450h Lが追加されました。マツダ・CX-8の登場で活気づいている3列シート仕様のミドルサイズSUVに新しい選択肢が生まれました。今回このRX450h Lに早速することができました。

5人乗りのRXは、最高出力179kW(238ps)を発生する2L直列4気筒ターボエンジンを搭載したRX300(従来のRX200tから改名)とシステム合計出力230kW(313ps)を発生する3.5LV6エンジン+モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載したRX450hの2つのモデルを用意していました。

今回追加された7人乗りのRX450h Lは、3.5LV6ガソリンエンジン+モーターのハイブリッド車のみで、駆動方式もAWD(全輪駆動)だけとなっています。ボディサイズは全長5000mm×全幅1895mm×全高1725mmで、5人乗りより全長で110mm、全高が15mm大きくなっています。見た目のデザインではリアクォーターが延長されていますが、RXの特徴である美しいスタイリングは全くスポイルされていません。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事