2019年モデルのアウトランダーPHEVが登場する三菱自動車は「e-EVOLUTION CONCEPT」を欧州初披露【ジュネーブモーターショー2018】

三菱自動車は、2017年の東京モーターショーで初披露された「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」を欧州で初めて公開するほか、プラグインハイブリッドEVシステムを大幅に進化させたアウトランダーPHEVの2019年モデルを初めて公開します。

なお、アウトランダーPHEVの2019年モデルは、今夏から日欧で発売する計画としています。

アウトランダーPHEVの2019年モデルはシステムが大幅に改良され、新設計の駆動用バッテリーとエンジンを搭載し、モーターやジェネレーターの出力を向上。

具体的には、プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち約9割のコンポーネントが改良され、プラグインハイブリッドEVシステムが大幅にアップデートされます。

さらに、エンジン排気量を現在の2.0Lから2.4Lに拡大。カムプロフィールの変更とバルブタイミング制御により高膨張比サイクル(アトキンソンサイクル)化が図られ、低回転域で高効率の発電が可能になります。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事