さすがはNOVA。仕事早し! シティ・ミッドシップ化計画・その2【OPTION 1983年4月号より】

前回「その1」に続き、OPY連載企画、シティ・ミッドシップ化計画その2をいってみましょう レースエンジニアのノバ・エンジニアリングによるでボディ製作は、着々と進行中です。OPT得意の「切った貼った」ではない、本格的なマシン作りは興味シンシンです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

OPTホットマシン作戦 シティ・ミッド・ターボ、完成近し!

どうだい。さすがレースの雄、ノバのマシン作りはきれいだ。これなら、サーキットでの全開OK。シェイクダウンテストが楽しみだ。

OPT83年4月号が発売されるころには(83年2月26日発売)、すでにOPT・NOVAシティ・ミッド・ターボは富士スピードウェイのストレートを全開でカッ飛んでいるかもしれない。それほどに、NOVAエンジニアリングの製作スピードは急ピッチなのである。

今回は、完成間近のシティ・ミッド・ターボの熱のこもった製作過程を写真で追ってみようと思う。

『Play Back The OPTION』の最新記事

OPT・MR2最終仕様で谷田部最高速に再びトライ! そのとき何が?・その1【OPTION 1985年1月号より】
NEW・RX-7(FC3S)は街中で飛ばすと免許が無くなります(汗)・その3【OPTION 1985年12月号より】
新RX-7(FC3S)、SAペリ仕様とイザ勝負!! が、嵐は去らず・その2【OPTION 1985年12月号より】
発売直後のFC3S・RX-7で九州バトルへGO!! が、そのとき九州は・その1【OPTION 1985年12月号より】
1985年に新登場のFC3S・RX-7、ノーマルインプレッションはどうだった?・後編【OPTION 1985年11月号より】

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事