【クリッカー・オブ・ザ・イヤー2017】検索ワード賞は「ステップワゴン ハイブリッド」。トヨタGAZOOの元の意味を探す人も

インターネット媒体であるクリッカーには、検索によって訪れて下さる読者の皆さんもたくさんいらっしゃいます。

そんなインターネットならではの機能で、2017年もっとも多くの方が検索して訪れることとなったキーワードが「ステップワゴン ハイブリッド」でした。

2017年にマイナーチェンジを行い、ハイブリッドが追加となったステップワゴン。多くの読者がハイブリッドについてとても興味を持っていたのであろうと思われます。フルモデルチェンジの際には、ハイブリッドモデルを搭載する前提ではなく設計されていたと言いますから、その出来具合、性能に注目が集まったと言えるかもしれません。

その他の代表的キーワードは以下のようなものがありました。

「スイフトスポーツ」

「新型リーフ」

「トヨタgr」

「ホンダ・フリード・モデューロx」

「s660」

「新型カムリ」

「トヨタgr」は、トヨタGAZOO Racingのことですね。GAZOOについて知りたかった人も、「GR」って何だろう?マークIIのグレードか?とか疑問に思った人も調べたかも知れません。

ちなみに、GAZOOの語源は「画像」で、豊田章男社長がインターネット関連の担当であったときに検索システムで画像を使用するものを構築したのだそうです。それ以来、新しいチャレンジングなモノとしてGAZOOを使用してきたとのこと。

確かに、トヨタのオウンドメディアっぽくないサイトのGAZOO.comもGAZOO Racingも、直接的なつながりはなさそうで不思議に思っていた謎が解けました。

(clicccar編集長 小林 和久)

『クリッカーオブザイヤー』の最新記事

【クリッカー・オブ・ザ・イヤー2017】2017年の大賞を獲得したのは「日産・リーフ」
【クリッカーオブザイヤー2017】クリッカー読者にもっとも支持されたのは「スズキ・スイフト/スイフトスポーツ」
【クリッカーオブザイヤー2017】2017年最も読まれた記事に与えられるMPV賞は「日産・リーフ」
【クリッカーオブザイヤー2017】レクサス・LCに最高点をつけ、3番手をCX-5とした本音とは?
【クリッカーオブザイヤー2017】カーシェアが進むからこそ、あえて所有したい1台はコレ!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事