トヨタ・スープラとBMW・Z4、新型プロトタイプが2ショット見せた!

トヨタとBMWが共同開発を進める『スープラ』と『Z4』の両次期型プロトタイプが、仲良くバックショットを見せました。「Z4」はこれまでで最も偽装が軽く、立体感のあるエアダクト形状やテールライトのデザインが見て取れます。

「86」風テールライトを露出した「スープラ」がグラマラスな印象に対し、「Z4」はライトウェイトスポーツのイメージを継承したリアビューといえます。

「スープラ」のパワートレインは、最高出力250psを発揮する2リットル直列4気筒エンジン、最高出力340psを発揮するBMW製3リットル直列6気筒エンジンのラインアップが予想されています。またベースモデルのほかに、高性能「GR」や「GRMN」のラインアップも期待出来そうです。

プラットフォームにはやはりBMW製「CLAR」を採用し、大幅な軽量化が図られているようです。ボディサイズは、全長4380mm×全幅1860mm×全高1290mm、ホイールベースは2485mmで車重は1440kg程度。価格は、2リットルモデルが日本円で500万円~600万円、3リットルモデルが700万円~800万円程度が予想されています。

「Z4」新型には、最高出力190ps、及び250psを発揮する2リットル直列4気筒ターボエンジン、最高出力350psを発揮する3リットル直列6気筒ターボエンジン搭載の「M40i」、パワーモードで最大204psを発揮するハイブリッドをラインアップが想定されます。そして頂点には最高出力425psを発揮する「Z4 M」が予想されています。ギアボックスは、8速AT又は6速MTとなるでしょう。

3月のジュネーブモーターショーでの2台同時ワールドプレミアが期待出来るかも知れません。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

デビュー間近のBMW X1改良型をキャッチ。初設定されるPHEVモデルのEV航続距離は42km以上
メルセデス・ベンツ 新型CLAシューティングブレークはリアビューが超進化。デビューは2019年秋?
大げさ過ぎるテールライトの偽装が示唆するのは…… メルセデス・ベンツ Eクラスのセダン新型プロトタイプをキャッチ
トヨタ怒涛の新車ラッシュはスープラから!2021年までに「セリカ」や「MR2」など19車種発売へ
マクラーレン・セナに最強のハードコア『GTR』設定へ。最高出力は825ps、ダウンフォースは驚異の1,000kg

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事