【東京オートサロン2018】往年の名車をリスペクトしたり人気アニメとの積極コラボなど、カスタムの間口の広いホンダアクセス

ロハスなムード漂うホンダアクセスのブースは、ハードパーツがあふれる会場で異彩を放っています。

フロアはウッド調、かわいらしいカラーリングのコンセプトカーが並んでいますが、細かく見ていくとそれぞれ時流を読んだなかなか練られたコンセプトということがわかります。ホンダ純正アクセサリー開発会社として、ニーズの半歩先を行くという姿勢が伝わってきます。

インパクト大だったのが「Re:Z」。一発でベース車がわかる人はおそらくないでしょう。フロントとサイドのウインドウにわずかにヒントはありますが、CR-Zがベースとなっています。

往年のホンダZをリスペクトしつつ仕上げられたクルマです。ホンダZのアイコンであった縁取りされたハッチゲートウインドウも現代風に再現。ミラーも懐かしい砲弾状にするなど本当に細かいところまで手を抜かず仕上げられています。内装もネオレトロ調にしっかりと作り込まれています。

最近は少し影が薄いオデッセイも、マッドロック風テイストでゴリゴリ感を打ち出すととたんに存在感が出るようです。三菱デリカ的なワイルドの多人数乗車ニーズは確実に存在するので、提案だけに終わらないでいてほしいところ。

お子さん連れの来場者の撮影待ちが途切れなかったのがN-BOXとバーバパパのコラボ展示。ミニオンともタッグを組んだ実績もあるホンダだけに、特別仕様として出るとしたら楽しいですね。

ペンギンによく似た鳥がモチーフのアウトドアブランド「チャムス」とコラボしたのはN-ONE。カラフルなグッズがいろどりを与え、どこか出かけたくなる感に満ちています。

大ブレークした作品「けものフレンズ」(けもフレ)ともがっつりとコラボするフットワークの軽さも同社の強み。パークを旅するパートナーのフィットのラゲッジにはサーバルちゃんがにっこり。

ブース裏手にはしっかりとハードチューン車両も展示してありました。同社社員によるK4-GP参戦車両は、660kgまで大胆にも削った車重の必勝マシン。

と、今年も個性派ぞろいだったホンダアクセスブース。1年前の流行はもう陳腐に見えてしまうというくらい目まぐるしくかわるカスタムトレンドですから、毎年開催のオートサロンでこうしたリサーチをするのがぴったりだと思います。

(Kaizee)

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ヴェルファイアがピックアップに!驚きのカスタマイズを実行したNATSの学生たち
【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表
【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R
【東京オートサロン2018】本来無いはずのマフラーがある、3D DesignのBMW i8

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事