【東京オートサロン2018】モデリスタは人気のSUVトヨタC-HRを近未来スタイリングに変身!

トヨタモデリスタインターナショナルはドレスアップをはじめとしたカスタマイズだけでなく、トヨタウェルキャブと呼ばれる福祉車両の架装を行っているファクトリーブランドです。

東京オートサロン2018には会社創立20周年を記念して製作した「SONIC EMOTION C-HR CONCEPT」をはじめ5台のカスタマイズカーを展示しています。

SUVで断トツの販売台数を誇るトヨタ・C-HRをベースに、モデリスタの未来だけでなく、カスタマイズの未来という広い視野に立って製作されたのがSONIC EMOTION C-HR CONCEPT。モデリスタの得意とするベース車のデザインを引き立てる控えめなデザインではなく、大胆なデザインやパーツ構成によってラグジュアリー感とスピード感を両立させています。

そのほかではマイナーチェンジを行ったばかりのトヨタ・アルファードのカスタマイズカーを展示。アルファードのエアロタイプにフロントスポイラー、サイドスカートそしてリアスカートとスポーツマフラーをセットになったリアスタイリングキットAを装着。フロントグリルカバーやシグネチャーイルミブレード、ヘッドガーニッシュなどメッキパーツを追加することでエレガントさが増しています。

さらに、人気の5ナンバーサイズミニバン、トヨタ・ノアをベースに車中泊も可能にした、使える・止まれるカッコイイミニバン「NOAH MU CONCEPT」を展示。モデリスタが提案する“カーライフをもっと楽しくなるカスタマイズ”が体感することができます。

(萩原文博)

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R
【東京オートサロン2018】本来無いはずのマフラーがある、3D DesignのBMW i8
【東京オートサロン2018】富士スピードウェイでスーパー耐久の24時間レースが開催!富士では実に50年ぶり
【東京オートサロン2018】驚異の1540馬力・トルク125kg-mで、ゼロヨン8秒台たたき出すモンスターGT-R登場!

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事