【CES2018】トヨタがEVの航続距離拡大でマツダのロータリーエンジンを活用?

2020年前半までに全世界で10車種以上のEVを提供、2025年までに全てのレクサス車・トヨタ車にEVや電動車の設定を目指すトヨタ自動車。

同社の豊田章男社長は米ネバダ州ラスベガスで1月9日に開幕した家電見本市CES 2018において、「自動車産業が100年に一度の大変革の時代を迎えるなか、全ての人が自由に楽しく移動できるモビリティ社会を実現すべく、これまでのクルマの概念を超える新たな価値を提供したい」とアピールしました。

同社は今回のCESで子会社のTRI(Toyota Research Institute)が米国で開発中の次世代自動運転実験車「Platform 3.0」を公開。

ルーフ上には外観をスタイリッシュ化するとともに、車両の外周360度に存在する物体の認識を可能にした米Luminar社製のLIDARシステムを搭載しています。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事