【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第25回 ・若手デザイナーが描いた90年代コンパクト。トヨタ・ターセル/コルサ/カローラⅡ(4代目)

80〜90年代の日本車からグッドデザインを振り返るシリーズ。第25回は、カジュアルな質感と明るさをミックスした、ファッショナブル・コンパクトに太鼓判です。

「アーバン感覚で若々しいスタイル」をテーマに、小さなクルマだからこその独自の高品質感やファッション感覚を取り入れ、1990年に登場したのが4代目のターセル・コルサ・カローラⅡです。

80年代まで明確に分けていたロワーボディとキャビンを一体的につなげる新たな手段として、フォルムをひとつの丸みと想定。その結果、シンプルでクリーンな面が、ボディ全体の大きな単位で構成されました。

コーナーが絞られ、より丸さが強調される3ドアは、張りのあるリアハッチパネルに、3次曲面の大きなリアガラスがぴったり収って高い質感を構築。さらに、円弧を描く専用スポイラーは一体感が魅力です。

丸みを若干抑えた4ドアは、ボンネットに凸面を加えることで独自のボリューム感を確保。大きなキャビンとリアハイデッキのつながりもスムーズで、一体表現のリアランプとガーニッシュが後ろ姿を引き締めます。

『グッドデザイン太鼓判』の最新記事

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第26回・カジュアル、センス、クオリティを合理性で包んだ「街の遊撃手」。いすゞ・FFジェミニ(初代)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第24回 ・80年代を模索したヨーロピアン・FFスポーツセダン。マツダ・カペラ(4代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第23回 ・3つの「ワンダー」をコンパクトカーに。ホンダ・シビック(3代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第22回・一品モノのようなアートボディ。日産・シルビア(S13)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第21回・スポーティな走りの「天才タマゴ」。トヨタ・エスティマ(初代)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事