【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第21回・スポーティな走りの「天才タマゴ」。トヨタ・エスティマ(初代)

80~90年代の日本車からグッドデザインを振り返るシリーズ。第21回は、高い走行性能と未来的なボディが融合した、新世代ワンボックスカーに太鼓判です。

ワンボックスカーの「使う楽しさ」に加え、スポーティカーの「走る楽しさ」も両立させたい。1990年に「天才タマゴ」のキャッチコピーの元、革新的な機構とスタイルで登場したのが初代エスティマです。

「EGG ON A BOX」のテーマによるボディは、ドアガラスまでが3次元形状という全身カプセルシェイプ。Aピラーは開放的にブラックアウトさせる一方、リアピラーは力強く反らせることでタマゴの凝縮感を打ち出します。

ショルダーを1周する黒のラインは、強いアクセントとしてボディを引き締めると同時に、スライドドアのレールを巧妙に隠します。さらに、サイドの樹脂スカートは見る人の目線を下げ、低いボディを演出。

『グッドデザイン太鼓判』の最新記事

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第26回・カジュアル、センス、クオリティを合理性で包んだ「街の遊撃手」。いすゞ・FFジェミニ(初代)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第25回 ・若手デザイナーが描いた90年代コンパクト。トヨタ・ターセル/コルサ/カローラⅡ(4代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第24回 ・80年代を模索したヨーロピアン・FFスポーツセダン。マツダ・カペラ(4代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第23回 ・3つの「ワンダー」をコンパクトカーに。ホンダ・シビック(3代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第22回・一品モノのようなアートボディ。日産・シルビア(S13)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事