早くも改良新型が登場!? アウディTT RS、新デイタイムランニングライトを激写

2016年にフルモデルチェンジが行われたアウディのコンパクト・オープンスポーツ『TT RSロードスター』のフェイスリフトモデル開発車両をカメラが捉えました。

注目は刷新されるフロントマスクです。ヘッドライトでは、下部にあったデイタイムランニングライトが上部へ移動し、バンパー左右のエアインテークがワイド化されている事が分かります。またテールライトのグラフィックやバンパー、エキゾーストパイプも新デザインになるようです。さらにサイドスカートをワイド化することにより、エアロダイナミクス性能が向上するとレポートされています。

室内では、トリム類のリフレッシュやインフォテインメントシステムのアップデートが期待できそうです。パワートレインは、2.5リットル直列5気筒直噴ターボエンジンがキャリーオーバーされると予想されますが、馬力向上の可能性もあるようです。

ワールドプレミアは、2018年夏頃の予定です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?