【ボルボXC60試乗】スカンジナビアン・デザインにマッチするソフトな乗り味

世界で最も売れているボルボ車であるXC60が2代目にスイッチしました。試乗車は、2.0Lの直列4気筒ターボ+8ATというパワートレーンがT5 AWDで、エアサスペンション装着モデル。

245ps/350Nmというエンジンスペックは、郊外路から山岳路、高速道路でもパワー不足とは無縁で、8ATによるスムーズな変速も美点。パワートレーンに関しては、まったく不満を感じさせません。最上級グレードでPHEVであるT8に今回乗る機会はありませんでしたが、T5の1830kgという重量はT8よりも300kg以上も軽く、フットワークにもサイズを感じさせない軽やかさがあります。

一方で、不整路では乗り心地には少し落ち着きに欠く印象も受けますが、路面が良ければソフトなタッチで、エアサスペンションらしい上質感も十分に味わえます。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事