日産で無資格者が実施していた「完成車検査」とは、どんな検査? 何が問題なの?

日産が、国内の全工場で「完成車検査」において不正をしていた問題が大きくなっています。

簡単にいうと、日本の自動車メーカーが国内向けに生産するクルマについては、国土交通省との約束に基づいた体制において完成車検査(完検)を実施することにより、そのまま登録できます。しかし、日産の問題は約束した体制(正規の検査員)ではない状態(非正規の検査員による作業)が常態化していたのです。

工程としての検査自体を省略していたわけではないようですが、検査員が非正規であったということは、完成車検査としての体をなしていないことになり、全車の再検査が必要という話になっています。

『日産自動車』の最新記事

日産自動車、出荷再開ながら完成検査員任命・教育プログラム運用面で瑕疵が発見され改善措置を講じると発表
日産の「完成車検査」不備問題、どこに「無資格の検査員」が入ったのか?
日産自動車の121万台リコール、その内容と原因は? 東京モーターショーへの影響は?
日産自動車「完成検査の不備」に関する緊急記者会見を実施、公式リリースで対象は121万台と発表
ルノー・日産・三菱自の「アライアンス2022」に秘められた真の狙いとは?

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事