【ワークスチューニング試乗会】クロスオーバーとしてのほどよいバランス。ニスモが手を入れたエクストレイル

ワークスチューニング・グループとは、NISMO(日産)、TRD(トヨタ)、無限(ホンダ)、STI(スバル)といった、メーカー直系のレーシングテクノロジーを市販車向けのアイテムにフィードバックしている4社が、共同で行なっている活動です。

そのワークスチューニンググループが、群サイの愛称で知られる群馬サイクルスポーツセンターを会場に合同試乗会を開催しました。「日本のニュルブルクリンク」とも呼ばれる荒れた路面とアップダウンの激しいコーナーの続くタイトなワインディングを模したクローズドコースで、各社の実力をアピールしようというイベントです。

試乗会に3台のデモカーを持ち込んだニスモ。その中には開発中・発売前のパーツを装着されたデモカーもありましたが、すべてが市販パーツでまとめられていたのが、「エクストレイル NISMO パフォーマンスパッケージ」です。

●エクストレイルNISMOパフォーマンスパッケージ装着パーツ一覧
スポーツサスペンションキット:10万円(税抜)
スポーツステンレスマフラー:11万8000円(税抜)
エアロキット(塗装済み):23万8000円(税抜)
ルーフスポイラー:5万5000円(税抜)
ダーククロムフロントグリルセンター:1万8000円(税抜)
アルミロードホイールLMX6S(19×7.0J):4万8000円/本(税抜)
マルチファンクションブルーミラー:1万9000円
ドアハンドルプロテクター:2800円(税抜)
フューエルフィラーキャップカバー:5500円(税抜)
オイルフィラーキャップ:6200円(税抜)
フロアマット:3万6000円(税抜)

なお、タイヤはダンロップのグラントレック(225/55R19)を履いていました。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事