【新車】トヨタ・ランドクルーザープラドが豪華に安全に進化!

トヨタの伝統的な車名といえば、「ランドクルーザー」の名前を思い浮かべるという人も多いのではないでしょうか。ランドクルーザープラドは、トヨタでは唯一といえるクリーンディーゼルを味わえる国内販売されている”乗用車”であり、ランクルの愛称にふさわしい悪路走破性を有していることでも知られています。

そのプラドが、エクステリアのアップデート、自動ブレーキを含む先進安全装備「トヨタセーフティセンスP」を全グレードに標準装備といった内容のマイナーチェンジを受けました。

LEDヘッドランプや大型フロントグリルを与えられた新マスクは、まさに威風堂々といったムードを漂わせますが、エンジンフードの形状を工夫することでノーズ視認性も改善しているという真面目さも、またランクルらしい進化といえそうです。

外観では最上級グレード「TZ-G」に標準装備される19インチアルミホイールの意匠が特徴的。ダークグレーメタリックと切削光輝のコンビネーションが、力強い足元を演出しています。

フットワークでは、ランドクルーザーシリーズとして初めてリヤディファレンシャルにトルセンLSDを採用しているのもニュース。最上級グレードTZ-Gでは5つの走行モード(ノーマル、エコ、コンフォート、スポーツS、スポーツS +)からシーンや気持ちに合わせて選ぶことが可能となっています。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事