【新車】人気のSUVに新モデルが来日!新型ルノー・カジャーを100台限定で発売開始

8月31日、ルノーからCセグメントの新型SUV「ルノー カジャー」が登場しました。来年の本格投入を前に、100台限定で「ルノー カジャー BOSE」という導入記念車からの発売になります。その名の通り、BOSE製オーディオを標準装備したローンチエディション。

「ルノー カジャー」は、日産キャシュカイの兄弟車。「CMF」と呼ばれるC/Dセグメント用プラットフォームは、日産キャシュカイやエクストレイルと基本的に同じです。

 

来年の本格導入を前に今夏100台限定で導入したのは、Cセグメントハッチバックであるメガーヌが新型に移行するため現行型が生産中止となり、ルノー・ジャポンとしてはAセグメント(トゥインゴ)、Bセグメント(ルーテシア)は好調なのに対して、Cセグメントの品揃えが厳しい状態にあるためです。

また、ライバルとなる新型プジョー3008の販売が好調という背景もあるようで、無理を言って日本向けに100台作ってもらった、とのことです。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。