Bセグメント級SUVの新型ルノー キャプチャーは、走り・先進安全装備などを大幅に進化!

■価格は「インテンス」が299万円、「インテンス テックパック」が319万円

ルノー・ジャポンは、2021年2月25日に新型ルノー キャプチャーを発売すると明らかにしました。

2代目となる新型キャプチャーは、「CMF-B」と呼ぶプラットフォームが使われています。同プラットフォームは、ルノー、日産、三菱のアライアンスにより開発されたもので、「CMF」は「Common Module Family(コモン・モジュール・ファミリー)」の略。

ルノー キャプチャー
新型ルノー キャプチャーのエクステリア

「CMF-B」は、欧州で発売されている2代目の日産ジューク、日本で2020年11月に発表された3代目の日産ノート、そしてルノーでは新型ルーテシアにも使われています。

ルノー キャプチャー
新型ルノー キャプチャーのインテリア

同プラットフォームの採用により、軽量、高剛性化が可能で、高い遮音性を備えるほか、最新の電子(電気)アーキテクチャーの技術を組み込むこともできます。なお、欧州ではハイブリッド、プラグインハイブリッドも導入されるとアナウンスされています。

日本で導入時に搭載されるパワートレーンは新型ルーテシアと同様、「H5H 」型の1.3L直噴ターボエンジンで、組み合わされるトランスミッションは7速AT(7EDC)。エンジンスペックは、最高出力が154PS/5500rpm・最大トルクは270Nm/1800rpm。なお、ルーテシアは131PS/5000rpm・240Nm/1600rpm。

ルノー キャプチャー
フロントシートは、座面長が15mm長くなり、座り心地が向上

新型キャプチャーの車両重量は1310 kgでルーテシアは1200kgですから、ルーテシアよりも大きく、重くなっているキャプチャーへの対策が施されているようです。カタログ燃費はWLTCモードで17.0km/L。

電子制御の7EDCは、湿式デュアルクラッチ式のATで、先代の6段から7段に多段化し、運転をよりシームレスで快適にすると同時に、燃費向上とCO2排出量の削減に貢献するとしています。

新型キャプチャーのボディサイズは、全長4230×全幅1795×全高1590mm。先代の全長4135×全幅1780×全高1585mmと比べると95mm長く、15mmワイドに、5mm高くなっています。最小回転半径(参考値)は、5.4m(先代は5.5m)となっています。

ルノー キャプチャー
6:4分割可倒式のリヤシートは、前後に最大160 mmスライドも可能

また、新型キャプチャーには、アダプティブクルーズコントロール、歩行者・自転車検知機能付の衝突被害軽減ブレーキ、レーンキープアシスト(車線逸脱防止支援 )、360度カメラ、オートハイ/ロービームなどが標準装備されています。レーンセンタリングアシスト(車線中央維持支援) は、上級の「インテンス テックパック」に標準装備。

価格は「ルノー キャプチャー インテンス」が299万円、「ルノー キャプチャー インテンス テックパック」が319万円となっています。

(塚田 勝弘)

『ルノー』の最新記事
ルノー キャプチャー
2代目の新型ルノー キャプチャーのエクステリア、インテリアはどう進化した?
新型ルノー キャプチャーは、BセグメントSUVでもCセグメントSUVと同等以上の荷室容量を誇る
ルノー キャプチャー
新型ルノー キャプチャーはパワフルな走り、広い後席とラゲッジ、充実の先進安全装備が美点

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事