ドイツ車にイタリアのエッセンスを加味!? VW ゴルフ・トゥーランに豪華装備の「ミラノエディション」を300台限定で設定

輸入ミニバンの代表格であるフォルクスワーゲン・ゴルフ・トゥーランに、300台限定車の「Golf Touran Milano Edition(ゴルフ・トゥーラン・ミラノエディション)」が設定され、8月29日から発売されました。今回導入された「Golf Touran Milano Edition」は、7月に安全・快適装備を中心に商品強化を実施した上級グレードで3,839,000円の「TSI Highline」がベース。

その名のとおり、ファッションの都として知られるイタリア・ミラノをイメージして、エレガントにまとめられたインテリアが特徴のひとつ。

ドイツ車にイタリアのエッセンスを加味した限定車で、ゴルフの限定車でも好評だったという「ヴォルケーノブラウンのマイクロフリース&ナパレザーシート」をトゥーランに初採用することで、上質感が高められています。

また、通常はオプション設定の「テクノロジーパッケージ」が特別装備されています。パワーテールゲート(挟み込み防止機能付)や駐車支援システムの「Park Assist」、ダイナミックコーナリングライト、LEDテールランプからなる装備で、快適性や安全性が引き上げられています。

ジェスチャーコントロール機能付純正ナビの「Discover Proパッケージ」や、215/55R17タイヤ、専用デザインの6.5Jx17アルミホイールを標準装備。

ボディカラーは「ピュアホワイト」が150台、「ディープブラックパールエフェクト」が150台の2色で、価格は4,249,000円です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。