新型ルノー メガーヌが発売開始。1.3L直噴ターボを新搭載、エクステリアデザインも刷新

■インテリアの使い勝手向上と、先進安全装備も追加

Cセグメントモデルのルノー メガーヌが、2021年8月26日にマイナーチェンジを受けました。

ルノー メガーヌ
新型ルノー メガーヌのエクステリア

刷新されたエクステリアをチェックすると、顔つきは、豊かになった上品な表情に生まれ変わっています。LEDヘッドライトユニットに最新ルノーモデルと同様の立体的なストライプ、ヘッドライトカバーにダイヤモンドのモチーフが組み込まれた意匠に変更。

フロントバンパーとフロントグリルのデザインも新しくなり、フロントエンドとフロントフェンダーには、クロームパーツが配され、質感の向上が図られています。

リヤビューでは、リヤウインカーがシーケンシャルタイプになり、シャークアンテナが標準装備され、スマートな印象に。

ルノー メガーヌ
LEDヘッドライトユニットに最新ルノーモデルと同様の立体的なストライプが組み込まれている
ルノー メガーヌ
リヤウインカーがシーケンシャルタイプになった

また、18インチアルミホイールも新デザインになり、足元をスタイリッシュに演出しています。

インテリアでの見どころは、使い勝手の向上。

ルノー メガーヌ
スマホ連携が可能な「7インチマルチメディアイージーリンクタッチスクリーン」を備える

中央の「7インチマルチメディアイージーリンクタッチスクリーン」にスマホとのミラーリングを可能にする「イージーリンク」が新たに採用され、操作性の向上が図られています。

運転モードやインテリア照明(アンビエントライト)などをカスタマイズできる「ルノー・マルチセンス」も7インチのタッチスクリーンで操作します。

ルノー・マルチセンスでは、「Eco」「Comfort」「Sport」「My Sense」の4つの運転モードから状況や好みに応じて選択可能。

ルノー メガーヌ
新型メガーヌのインパネ

さらに、電動パーキングブレーキにオートホールド機能が用意されています。

これは交差点の長い信号待ちなどで、ブレーキペダルから足を離しても停止状態を保ち、アクセルペダルを踏むと自動的にブレーキが解除される機能です。また、エアコンのコントロールは、直感的で操作しやすいダイヤル式が採用され、後席のエアダクトにUSBポートが2個用意されています。先進安全装備も新たに採用されています。

ルノー メガーヌ
新型メガーヌのエアコン用ダイヤル

0-100km/h内で作動し、停車後3秒位内なら自動的に再発進するストップ&ゴー機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)、後退時に左右からの接近車両を知らせる「リヤクロストラフィックアラート」、60km/h以上でドライバーの疲労の兆候を検知して警告する「ドライバー疲労検知アラート」、アクティブエマージェンシーブレーキ(歩行者検知機能付の衝突被害軽減ブレーキ)は、対車両が約7~170km/hでの走行時、静止車両と歩行者が約7~80km/hで作動。

以上が新型メガーヌに新たに追加された装備です。ほかにも、車線逸脱警報やオートハイ/ロービーム、パーキングセンサー+リヤカメラなどが引き続き搭載されています。

ルノー メガーヌ
7速デュアルクラッチトランスミッションのギヤ比も見直されている

パワートレーンも新しくなっています。159ps/5500rpm・270Nm/1800rpmを発揮する1.3L直噴ターボエンジンが新たに搭載されています。

ルノー・日産・三菱アライアンスとダイムラーにより共同開発されたエンジンで、1800rpmという低回転で最大トルクに達するため、低速から力強い余裕のある走りが得られるそう。さらに速さを決める最高出力を5500rpmの高回転域で発生するため、伸びやかな加速も楽しめるとしています。

また、燃焼の効率化やシリンダーボア内部を鏡面仕上げにする「ボア・スプレー・コーティング」により、優れた燃費性能を実現。組み合わされるトランスミッションは、スムーズな変速と高い効率が特徴の湿式多板デュアルクラッチ電子制御7速AT(7EDC)。ギヤ比も新エンジンに最適化されています。

ルノー メガーヌ
新型メガーヌのリヤシート

WLTCモード燃費は、5ドアハッチバックの「ルノー メガーヌ インテンス」が17.5km/L、ステーションワゴンの「ルノー メガーヌ スポーツツアラー インテンス」が16.6km/L。

ボディサイズは、5ドアハッチバックが全長4395×全幅1815×全高1485mm、ホイールベースは2670mm。スポーツツアラーは全長4635×全幅1815×全高1495mmで、ホイールベースが2710mm。

価格は「ルノー メガーヌ インテンス」が310万円、「ルノー メガーヌ スポーツツアラー インテンス」が330万円。

Cセグメントは、フォルクスワーゲン・ゴルフ(ヴァリアント)、アウディA3が新しくなり、新型プジョー308も2022年に上陸する予定で、激戦区になっています。

ルノー メガーヌ
「ルノー メガーヌ スポーツツアラー インテンス」のリヤビュー

塚田勝弘