メルセデスの果てしなきスピードへの挑戦!【OPTION1982年7月号より・後編】 

国産チューンドカー最強のライバルになるか!? 巨星メルセデスの強さに迫るこの記事。【前編】は創世記の挑戦、レース界への復帰序章を見てみました。【後編】ではスピードへの拘り、挑戦。そしてAMGのSPLさを見ていきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

OPTION最高速テストの見本か?
果てしなきスピードへの挑戦

スピードへの挑戦・・・・・それはメルセデスばかりではなく、自動車史の創世記にはクルマの開発=スピードだった。

特に名を馳せたのは1909年に開発したブリッツェン・ベンツ。OHV2万1500ccの200ps1500rpmパワーで、各地のスピード記録を樹立。1911年にはデイトナで228.1km/hをマークした。この時代から流線形が採用されたのは驚くべきアイデアだった。

その後スピードの舞台はサーキットレースへ移されていったが、GPマシンのノウハウを得るためにも速度記録車の研究は続けられる。この速度記録の大きなテーマはエンジン出力であるが、注目したいのは空気との戦いだ。いかに空気抵抗を少なくするか。しかも浮き上がる揚力も下げなければならない。全体的なスタイルもさることながら、ホイールを円盤状にカバーするアイデアは1909年のブリッツェン・ベンツがすでにトライしていたのだから驚く。

記憶に新しいのはC111シリーズだ。1969年に開発、3/4ローター燃料噴射バンケルエンジンの実験車だった。4ローターでは600cc×4で350ps/7000rpmを発生。300km/hに達した。

C111-3はメルセデス得意のディーゼルターボで2999cc、325km/h。ターボ車は403km/hまで達した。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事