D1GP大阪決戦直前!気になる今年の新規マシン3台をチェック

D1グランプリ今年度唯一の関西決戦「2017 GLION OSAKA DRIFT」が、7月22、23日に大阪の舞洲(まいしま)スポーツアイランド空の広場D1特設会場で開催されます。

この大阪決戦がどんな展開になるのか?と今からドキドキされている方もいらっしゃると思いますが、その予想を占う上でも6月23,24日にTSUKUBAサーキットで開催された前戦「TSUKUBA DRIFT」の様子をチェックして見ましょう。

TSUKUBA DRIFTでは、今年新規に導入されたマシンが大活躍しました。まず単走ファイナルで100ポイントを超えるという快挙の上で優勝した日比野哲也選手のS2000。

このS2000に搭載されるエンジン、よく見ると6気筒。なんとスープラの2JZエンジンが積まれているのです。それも1000馬力にチューンナップ!

日比野選手は「今までのドリフトでは自分のクルマではなくチームが用意したマシン、言ってしまえば借り物で出場していたんだけど、自分が思い描く、納得できる走りをするために自分のクルマを作った」とお話くださいました。

TSUKUBA DRIFTの3日前にシェイクダウンをしたというS2000、追走では煮ツメが足りないとのことで不発に終わりましたが、単走ではノビノビしたキレキレの走りを披露。日比野選手の思い描く走りが垣間見えるようでした。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事