日産? ルノー? 謎のクロスオーバーの正体はコスパの高い人気SUV次期型と判明!

謎のクロスオーバーSUVプロトタイプのスパイショットを入手しました。

カメラマンの話では、ルノー関係者が居合わせたようで、日産の新型モデルかとも思われましたが、調査の結果、ルノー/ダチアのクロスオーバーSUV「ダスター」次期型プロトタイプと判明しました。

日本では馴染みが薄い「ダスター」ですが、欧州では「ダチア」ブランドから、欧州以外では「ルノー」ブランドから販売されており、コスパの高い低価格路線で注目され、過去にインドやロシアではベストセラーとなったほどの人気モデルです。

次期型では日産「エクストレイル」にも採用されている、ルノー日産「CFM」プラットフォームが採用されると噂されており、ボディを拡大して3列7人レイアウトモデルも投入されるようです。

パワートレインは、1.6リットル直列4気筒ディーゼルのほか、新たに1.2リットルターボチャージャーモデルもラインナップされるといいます。

価格は3列7人乗り、4WDモデルでも180万円程度が予想されており、そのコスパの高さと人気にも納得です。

ワールドプレミアは2017年9月のフランクフルトモーターショーと思われます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?