ルノー・日産連合とダイムラーの協力関係強化で、3社兄弟モデルのピックアップトラックも登場

フランクフルトモーターショーに合わせた記者会見で、ルノー・日産連合とダイムラーとの協力関係強化が発表されました。

RENAULT_NISSAN_DAIMLER_04

日本ではすでにインフィニティ・スカイラインの200GT-tにダイムラー(メルセデス・ベンツ)製のエンジンが搭載されていますが、それよりも前の2012年には、欧州でメルセデス・ベンツ版カングーである「シタン」がすでに発売されています(生産はルノー・カングーと同じフランスの工場)。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。