街でみかける三輪の乗り物。必要なのは「普通免許?」「二輪免許?」【クルマにまつわる免許・資格おさらい】

道路を走っていて、時折見かける三輪の乗りもの。

昔からあるスクーターの一種、ピザの配達などでつかわれているものもあったりしますが、乗り手もヘルメットを被っていたりいなかったり、ナンバーも見慣れないものもあったりして、いまいち分かりにくいジャンルかもしれません。

「そもそも三輪車の免許ってあるの?」「なんでヘルメットを被ってないの?」などと疑問が沸いてくることもありますね。

なかでも、フロントタイヤが二輪のものは、まだまだレア。どんな免許で乗れるのでしょう。

三輪車とひとくちにいっても、カタチもサイズもさまざまで、運転免許にもいくつか区分があります。大きくは、バイク系(自動二輪)の免許のもの、自動車系(四輪)の免許のものに分かれます。

まずは自動二輪免許の種別の範囲内で運転できるものを紹介します。

フロントが二輪となる三輪車は排気量に応じて、それぞれ該当する自動二輪免許となる、小型限定普通自動二輪免許、普通自動二輪免許で運転ができます。

たとえばヤマハのトリシティ・シリーズは、排気量が125ccと155ccがラインアップされており、自動変速機構付きなので各々のAT限定免許で十分です。

このほか、海外のモデルにも該当する車種がいくつかあります。

実はこれらの三輪車は、2009年に改定された道路交通法により新しくできた「特定普通自動二輪車」というジャンルに入ります。

以前は四輪車の扱いに入っていましたが、車体を傾けてのコーナーリングができるなど、二輪車の動きに似ているということから改正されたものです。

このジャンルに入るのは、以下の4つの項目をすべてクリアしている必要があります。

・3個の車輪を備えていること
・車輪が車両中心線に対して左右対称の位置に配置されていること
・同一線上の車軸における車輪の接地部中心点を通る直線の距離(トレッド)が460mm未満であること
・車輪及び車体の一部又は全部を傾斜して旋回する構造を有すること

この改正により、以前は普通自動車運転免許が必要だったものが、排気量に応じた自動二輪免許で運転できることとなった代わりに、ヘルメットの着用が義務付けられました。

このほか、排気量51〜250ccの三輪車、道路運送車両法によるところの側車(サイドカー)付き軽二輪車も、自動二輪免許で運転ができます。ただし全幅が1.3m以下などの制限が付きます。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事