自動車メーカー初の純正「Android Auto」対応アプリを三菱自動車が配信

携帯電話とカーナビを接続させて、多彩なアプリなどが使える携帯電話連携。かなり以前から市販ナビなどで普及していて、ここ数年は「スマホ連携」に移行し、カーナビメーカーだけでなく、自動車メーカーも本腰を入れています。

スマホ連携は、カーナビメーカーや自動車メーカーが進めているオリジナルのアプリのほか、iPhone(iOS)の「Apple CarPlay」、Androidの「Android Auto」の二大勢力があります。

5月16日、三菱自動車は「三菱自動車 電動車両サポート」会員専用の充電スポット検索スマホ向けアプリ「電動車両サポート」を、「Android Auto」でも使用できるよう機能を拡充し、「Google Play」でのソフトウェア配信を開始したと発表しました。

自動車メーカーとして純正で「Android Auto」対応アプリを配信するのは三菱自動車が初めてとなるそうです(2017年5月16日時点、同社調べ)。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事