一体感とディテールの両立は実現できる!C-HRのチャレンジ・デザイン(後編)

「セクシー・ダイアモンド」と、トヨタらしからぬテーマを掲げたC-HR。誰もが目を見張った個性的なスタイルについてのデザイン・インタビュー。後編はボディサイドから話を聞きます。

── ボディの側面から伺います。ドアパネルの多角形はダイアモンドを意図しましたが、そのためにかなり大胆にボディをエグりましたね

「ここはボディのコアとなるダイヤモンドと、張り出したホイールフレアを有機的な面でつなげている立体構成です。また、デザインコンセプトでは、大胆かつ抑揚の利いた骨格を表現したいと考えており、よりメリハリの強い造形が狙いです。後席や荷室の広さを狙わずに、ボディを絞り込んでスタンスの良さを表現する。そのために試行を繰り返し、この形状としています」

── ドアミラー下からフロントランプへつながるショルダーの「盛り上がり」の意図はどこにありますか?

「キャビンとボディが一体のダイヤモンドという立体構成ですが、サイドウィンドウをよりボディに埋め込む(下げる)ような処理で、キャビンとボディの一体感を強化しつつ、かつフェンダーに抑揚を与える造形としています」

この記事の著者

すぎもと たかよし

すぎもと たかよし 近影
東京都下の某大学に勤務する「サラリーマン自動車ライター」。大学では美術科で日本画を専攻、クルマも最初から興味を持ったのは中身よりもとにかくデザイン。自動車メディアではデザインの記事が少ない、じゃあ自分で書いてしまおうと、いつの間にかライターに。現役サラリーマンとして、ユーザー目線のニュートラルな視点が身上。「デザインは好き嫌いの前に質の問題がある」がモットー。空いた時間は社会人バンドでドラムを叩き、そして美味しい珈琲を探して旅に。愛車は真っ赤ないすゞFFジェミニ・イルムシャー。