パサートCCの後継「フォルクスワーゲン・アルテオン」がワールドプレミア【ジュネーブモーターショー2017】

パサートCCの後継モデルといえる「フォルクスワーゲンArteon(アルテオン)」がジュネーブモーターショーで初めて公開されました。

流麗なスタイリングが際立つ5ドアのグランツーリズモで、スポーツカーとファストバックを融合させたスポーティかつエレガントなスタイリングが魅力です。

全長4862×全幅1871×全高1427mmで、2841mmというロングホイールベースが特徴(欧州値)。フロントマスクは、車両前方と左右フェンダーまで伸びたボンネット、全幅いっぱいに広がるラジエーターグリルにより伸びやかさとワイド感が演出されています。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。