ヴィッツに活かされた「TNGA」の技術と、WRCからのフィードバックとは?

2017年1月にマイナーチェンジを受けたトヨタ・ヴィッツ。ハイブリッドの追加が目玉ですが、ほかにも多くの改良点が盛り込まれています。

2014年4月のマイナーチェンジでもスポット打点増し打ちなどにより、ボディの剛性感が高まっているのは明らかでした。今回の改良でもさらなるスポット打点増し打ち(前席前、リヤの天井部分)がされているほか、インストルメントパネルインフォースの各部(ガセット、ブレース)の板厚アップ、フロントウインドウシールドの高剛性化(接着剤による)を追加。