日立オートモティブシステムズのモノチューブショックアブソーバーがレクサスの新型「IS」に採用

日立オートモティブシステムズは、同社のモノチューブショックアブソーバーが、10月にマイナーチェンジされたレクサスの新型「IS」シリーズの全モデルに採用されたこと発表しました。

1207

今回の「IS」シリーズのマイナーチェンジにあたって、レクサスは同シリーズの「運転の愉しさ」を熟成するために、サスペンションのチューニングをセッティングしており、日立オートモティブシステムズのモノチューブショックアブソーバーが応答性・快適性に優れたサスペンションシステムを構成する重要な部品となっています。

一般にショックアブソーバーには複筒式と単筒式がありますが、日立オートモティブシステムズのモノチューブショックアブソーバーは単筒式に該当します。

このモノチューブショックアブソーバーについて、日立グループの技術誌「日立評論」に解説が掲載されているので、同誌に掲載の分解図を参照しながらご説明します。

h1

モノチューブショックアブソーバーの特徴は、①上部のシールに新型シールを採用し、②大流量の二体型ピストンを採用して、乗心地とハンドリングを両立している点です。

組立工法については、従来の溶接を「かしめ」や「圧入」に置き換え、内部に封入した低圧ガスを組み立て時に圧縮して高圧化する新しい組立方法を採用していることが特筆されます。

同社のモノチューブショックアブソーバーが足元を支えるレクサス新型「IS」シリーズの乗心地がどうようなものか楽しみですね!

(山内 博・画像:日立オートモティブシステムズ、日立評論)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事