ラジオが一番上!というセオリーがカローラのインパネにある【Corolla Stories 13/50】

カローラの特徴として、あまり意識されていないのですが「カローラの掟」のように、セダンに限っていえばラジオなどオーディオ操作部とヒーターコントロールパネル(空調操作部)の位置関係には決まりがあるのです。ラジオやオーディオがいちばん上で、その下にヒーターコントロールをレイアウトしているのです。

初代でも、センターにラジオとヒータースイッチ類があります。

1B)crl6610_05 _ll

660000_toyota_corolla_sedan_001_ll

2代目でも同様です。

700000_corolla_2nd_catalog_15_ll

720800_toyota_corola_2d_sedan_1_ll

少し飛ばして7代目でも同様のオーディオ、空調関係のレイアウトです。

930507_corolla_7th_catalog_1_ll

930507_corolla_7th_catalog_2_ll

これが伝統的に受け継がれているのには、理由があるのです。「ラジオのボリューム、選曲などで頻繁に操作するオーディオ部に比べて、空調は一度設定するとオーディオほど頻繁な操作がないため」ともいわれています。

直近のモデルではカーナビを見やすい位置に装着する必要がありますので、当初のレイアウトは継承されることになりました。

ところが唯一例外があります。それがセダン系が初めてFF(前輪駆動)となった5代目カローラです。このクルマは極めてチャレンジングなものでしたが、操作系もまさにそうでした。ラジオと空調が上下逆だったのです。そこには大型(2DINサイズ)のオーディオの流行なども視野に入っていたでしょう。

830000_corolla_5th_catarog_1

830000_corolla_5th_catarog_2

しかし6代目でその上下が元に戻されたことからも、どっちが使いやすいかについては、明確に結論が出たといえるでしょう。

(文:カローラせんせい/小林敦志)

【関連リンク】

001

カローラ生誕50年記念フェスが、10/22(土)にMEGA WEBで開催されます。

日時:10月22日(土)11:00〜16:00
場所:MEGA WEB トヨタ シティショウケース1F・ライドワン
入場料:無料

カローラに縁の深いゲストのトークショーや歴代カローラの実車展示など、カローラファンが楽しめるイベントを実施。詳しくは、MEGA WEBのイベント紹介ページをご覧下さい。

collora1-20160920183524

クリッカーではカローラのお誕生日を祝うべく、50周年にちなんだカローラ秘話「カローラ50のストーリー」を紹介しながら、毎日カウントダウンを行なってお祝いする「Corolla誕生50周年企画」をスタートしています。

特別企画やカローラ誕生イベントなども順次ご案内していきますので、”カローラ生誕50周年記念企画”バナーから毎日確認してくださいね!!

collora2-20161004174631

そして「カローラと私」では、読者からの投稿をお待ちしています。投稿をお願いしたいのは、カローラと一緒の写真やカローラについての思い出。こちらも奮って投稿してください。

そのほか、歴代カローラの人気投票も実施中です。ぜひご参加下さい。

bnr


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事