日本にフロアシフト、4MTを普及させたのは初代カローラだった【Corolla Stories 5/20】

初代カローラのトランスミッションは、発表当初はフロアシフトの4速MTが用意されていました。当時はコラムシフト=ステアリングポストにシフトレバーがついた形式が主流の時代だったのですから、それに比べると随分未来的な方式でした。

1A)crl6610_06_ll

さらに当時このクラスであれば、3速式であるのが一般的。4速というのは非常に贅沢で、高速で走れるイメージを醸し出していました。その点では、欧米のスポーツカーのような仕立てが魅力で、憧れのクルマに見えたのです。実際にはかなり長いシフトレバーで、それほどスポーティとは言えないものでしたが、それでも当時では画期的な出来事だったのです。

06-07 20-21

直後のマイナーチェンジではコラムシフトも加わり選択肢を広げたのですが、大きな流れにはならなかったといいます。やはりコラムシフトは、改めて操作すると、なかなか遠隔操作をしているような、ゆるさがあり、一度フロアシフトを使ってしまうと、なかなか離れられなくなってしまうのが現状だったのでしょう。

その点、実はカローラはフロアシフトを一般的なものとした、立役者だったのです。

(文:モーターファンアーカイブ)

【関連リンク】

001

カローラ生誕50年記念フェスが、10/22(土)にMEGA WEBで開催されます。

日時:10月22日(土)11:00〜16:00
場所:MEGA WEB トヨタ シティショウケース1F・ライドワン
入場料:無料

カローラに縁の深いゲストのトークショーや歴代カローラの実車展示など、カローラファンが楽しめるイベントを実施。詳しくは、MEGA WEBのイベント紹介ページをご覧下さい。

collora1-20160920183524

クリッカーではカローラのお誕生日を祝うべく、50周年にちなんだカローラ秘話「カローラ50のストーリー」を紹介しながら、毎日カウントダウンを行なってお祝いする「Corolla誕生50周年企画」をスタートしています。

特別企画やカローラ誕生イベントなども順次ご案内していきますので、”カローラ生誕50周年記念企画”バナーから毎日確認してくださいね!!

collora2-20161004174631

そして「カローラと私」では、読者からの投稿をお待ちしています。投稿をお願いしたいのは、カローラと一緒の写真やカローラについての思い出。こちらも奮って投稿してください。

そのほか、歴代カローラの人気投票も実施中です。ぜひご参加下さい。

bnr

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事