クーペSUV戦争勃発!? ランドローバーが新型モデルで市場に参入

BMW『X6』に続いてメルセデス・ベンツ『GLEクーペ』が登場し、熱くなってきた「プレミアム・クーペSUV」市場。キング・オブ・SUVの「ランドローバー」も参入することが確実となりました。

Spy-Shots of Cars This image has been optimized for a calibrated screen with a Gamma of 2.2 and a colour temperature of 6500°K

コードネーム「L560」と呼ばれるこのプロトタイプは、ジャガー『F-PACE』からアーキテクチャーを始め、多くのコンポーネントを共有するといわれ、生産モデルには「レンジローバー・スポーツ・クーペ」の名称が与えられる可能性が高いようです。

Spy-Shots of Cars This image has been optimized for a calibrated screen with a Gamma of 2.2 and a colour temperature of 6500°K

パワーユニットは、3リットルV型6気筒及びV型8気筒エンジンのほか、最大570psを発揮する5リットルV型8気筒スーパーチャージャーが期待されているだけでなく、レンジローバー初となる、EVモデルもラインナップされる可能性があるようです。

乗車定員がライバル「X6」や「GLEクーペ」の5名と異なり、4名の超贅沢SUV(オプションで5名の選択可)となることも興味深いといえます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?