ホンダ・Dunkにニューカラーが追加。生産は熊本製作所に!

昨年、Hondaから発売されたおしゃれ原付「Dunk」。最近では町中で見かける率もかなり高くなってきました。通学から通勤まで幅広く使えて、何よりフォルムがおしゃれなので若者から高い人気があるバイクです!

発売当初から6色のバリエーションでしたが、今回は新色が三色追加され、人気のカラーは継続販売になります。

50ccの用途として本気で走る!!ってわけでもないので、町中をおしゃれに、快適に走るのが50ccで一番重視したいポイント。それぞれ個性あふれるカラーバリエーションがあるのは嬉しいところですね!

■キャンディーブレイズオレンジ(新色)

■アトモスフィアブルーメタリック(新色)

■マットギャラクシーブラックメタリック(新色)

■マットアーマードグリーンメタリック

■ポセイドンブラックメタリック

■パールジャスミンホワイト


「Dunk」のエンジンは力強く、一昔前の原付きとは比べ物にならないくらいスムーズな加速ができます!さらに低燃費で環境性能と動力性能を両立させているエンジンです。

Dunkは去年までHondaの海外工場で生産されていたんですが、今回から熊本にある熊本製作所に移管されます。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事