国沢光宏「MIRAI」WRC完走! 大ジャンプで水素FCV技術と耐久性を実証!!【動画】

先頃、欧州に上陸を果たしたFCV(燃料電池車)「MIRAI」。

遂に日本の最先端技術を満載した水素で走る究極のエコカー「MIRAI」の海外輸出が始まりました。

9月から水素ステーションが設置されているイギリス、デンマーク、ドイツで販売が開始され、他の国についてもインフラ整備が整う2017年以降に販売が開始される予定になっています。

TOYOTA_MIRAI

そうした中、いち早く日本で「MIRAI」を購入、早々とラリー仕様車に改造して8月21日から23日に渡ってドイツで開催されたWRC第9戦「ラリー・ドイツ」に出場を果たしたドライバーがいます。

その快挙を成し遂げたのはお馴染みの自動車評論家、国沢光宏氏。

全日本ラリーに出るために自身の「MIRAI」を分解してラリーカーを製作していることがWRCのプロモーターの耳に入り、「ラリー・ドイツで走ってみては?」ということになったそうです。

今回、同氏の現地での走りを捉えた動画がドイツ トヨタによって公開されました。

 

このクルマ、ノーマル仕様の「MIRAI」にロールケージやバケットシートを組込んだだけで、改造部位はブレーキパッド強化やラリータイヤの装着など、必要最小限。

TOYOTA_MIRAITOYOTA_MIRAI

それにも拘わらず、映像のとおりWRCの過酷なコースを結構攻めてます。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。