新型プリウスはなぜ最上級の「A」グレードが最も売れているのか?

昨年12月9日に発売された新型プリウス。

発売約1カ月(販売店の営業日ベース)で約10万台を受注したという好調ぶりで、月販目標台数は1万2000台ですから約8.3倍という驚異的な受注台数になっています。

20160113Prius Road_032

主な好評点は、

ハイブリッドシステムの小型・軽量・高効率化や空力性能の向上などにより、40.8km/L(Eグレード)の低燃費を実現

低重心パッケージによるエモーショナルなスタイル

歩行者を検知する機能を備えた衝突回避支援型プリクラッシュセーフティをはじめ、4つの先進安全機能をセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」など、先進の安全装備を充実

プリウス初の4輪駆動「E-Four(電気式4輪駆動方式)」の設定

となっています。