燃費リッター41.1km! トヨタ2000GTがアクアの技術で現代的に蘇った!

愛知県岡崎市で旧車販売を手掛ける「Rocky Auto(ロッキーオート)」が現代版の「トヨタ2000GT」を独自に開発したことで話題になっています。

Rocky_Auto_TOYOTA_2000GT(出展 Rocky Auto)

同ショップは旧車ファンの間では有名な存在で、1986年に発足以降、全国のノスタルジックカーショーに旧車を新車同然にレストアした「トヨタ2000GT」や「箱スカGT-R」、「フェアレディZ」など、往年のスポーツカーを出展・販売して来ました。

一昨年には同店の渡辺喜也社長肝入りの現代版「トヨタ2000GT」の開発がスタート。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。