ホンダFCV、航続距離750kmでトヨタMIRAIを上回る?

昨年12月に発売されたトヨタ自動車のFCV「MIRAI(ミライ)」に続き、ホンダが来年3月にFCVの市販を予定しています。

HONDA_FCV

朝日新聞によると、ホンダのFCVでは水素満充填時の航続距離が「MIRAI」に比べて100km長い、750kmになるとしています。

元々ガソリン車並みの航続距離を持つFCVですが、ホンダは燃料電池の効率化や車体の軽量化により、当初発表の「700km以上(JC08モード走行時)」から+50km上乗せした模様。

HONDA_FCV

一方のトヨタはカタログ上で「一充填走行距離 約650km」を参考値として記載。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事