日産が2016年の「自動走行車」国内投入をコミットか?

日産自動車のカルロス・ゴーンCEOが4月2日、ニューヨーク国際自動車ショー15で今後の自動走行車の具体的な市場投入時期について改めて言及したそうです。

WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)などの報道によると、ゴーンCEOは記者からの質問に対して「依然として規制が大きな障害だが、日産とルノーは徐々に自動運転機能を取り入れていく」と述べた模様。

NISSAN_Autonomous_Drive

具体的には第1弾として、2016年に高速道路における自動走行(走行車線内)を可能にした自動運転機能搭載車を日本国内で発売するそうです。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。