経産省が水素ステーション拡充で全国自治体と連携強化へ!

政府が2015年度内に全国に100ヵ所のFCV向け水素ステーション設置を目指す中、先月24日、経済産業省がインフラ整備促進に向けた「第1回燃料電池自動車等の普及促進に係る自治体連携会議」を開催しました。

TOYOTA_MIRAI

昨年12月15日にトヨタ自動車がFCV「MIRAI」を発売、2015年度内にホンダもFCVの発売を予定しており、水素ステーションの整備が待った無しとなっていますが、同省の資源エネルギー庁によると、現状では地域を主導する自治体と国との交流が十分なレベルとは言えない状況にあると言います。