レクサス初のウルトラコンパクトカー「LEXUS LF-SA」は大胆な4シーター

ジュネーブモーターショーでワールドプレミアされた「LEXUS LF-SA」は、全長3450×全幅1700×全高1430mmというサイズで、トヨタiQの全長3000×全幅1680×全高1500mmよりも全長と全幅は大きいものの、「ウルトラコンパクトカー」を名乗るにふさわしいスモールカーに仕上がっています。

LF_SA_07

ボディは小さくても、大きくて存在感抜群の放射パターンのスピンドルグリルによって、ひと目でレクサスと分かるデザインディテールが採用されています。

LF_SA_01