レクサス初のウルトラコンパクトカー「LEXUS LF-SA」は大胆な4シーター

複雑なラインを描くバンパーやフェンダーからドア、リヤピラーまでつながる連続感のある造形美は、デザインスタディモデルらしく大胆で、どこから見ても印象的。

LF_SA_03

また、サイドにまで張り出したL字のリヤコンビネーションランプ、二段重ねの立体構成にスピンドル形状を合わせたリヤデザインなどが、「LEXUS」の記号性を追求しているそうです。

LF_SA_05

この「LF-SA」は、日常生活で最新技術による自動化が進む中でも、ドライバー自らが運転する歓びが表現されているそうで、企画からデザイン、モデル制作までフランス・ニースに拠点を置くED2(EDスクエア)が一貫して担当しています。

大胆かつエモーショナルなフォルムは、LEXUSにはなかった「2+2シーターのウルトラコンパクトクラス」で究極のラグジュアリーを具現化したもの。

LF_SA_02

コンセプトカーの車名である「LF-SA」は、「Lexus Future Small Adventurer(未来の小さな冒険者)」を意味したもので、未来の生活スタイルにおいても「運転の歓びを追求する」という精神をその名に込められています。

レクサスといえば、先鋭(Leading- edge)と精妙(finesse)の美を表現するデザインフィロソフィー「L-finesse」が知られていますが、「LF-SA」では精悍で都会的な外観、そしてドライバー中心の内装で表現されているとのこと。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。