決算で最高益達成のトヨタが業績予想を据え置く理由

トヨタ自動車が8月5日に2015年3月期 第1四半期(2014年4-6月)の決算を発表。 

TOYOTA

同社発表によると、連結売上高6.4兆円(前年同期比+2.2%)、営業利益6,927億円(同+4.4%)、純利益5,877億円(同+4.5%)、営業利益率10.8%(+0.2ポイント)と、2007年以来7年ぶりに過去最高益を更新しました。 

TOYOTA_2014

原価低減の取り組み(400億円)や為替変動(300億円)も増益に寄与。 

TOYOTA_2014TOYOTA_2014

販売地域別の営業利益率では国内市場が11.1%(前年同期比-2.1ポイント)、北米市場が6.6%(同+1.7ポイント)、欧州市場が1.7%(同+0.8ポイント)、アジア市場が9.2%(+0.6ポイント)、中南米・オセアニア・アフリカ・中近東市場が5.8%(-1.2ポイント)となっています。 


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事