自分の新型コペンが出来上がるのを見学できる!?

日本の量産車では珍しい試みが新型コペンには用意されます。2代目コペンは「骨格+樹脂外板」を採用していますが、専用に「バッヂ式塗装ライン」を立ち上げるという、生産ラインでも手間とコストが投入されています。さらに、「コペンファクトリー」という組立工程を、新型コペンを成約したお客さんに披露する見学会も2014年夏以降実施予定だそうです。

daihatsu_copen_05

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。