13年ぶりのマイナーチェンジ!新型ハイゼットカーゴがスタンバイ【東京モーターショー2017】

まもなく一般公開される第45回 東京モーターショー。各メーカーとも気合の入ったモデルを展示して会場を賑わせています。

これからの未来を感じさせるコンセプトカーも見所ですが、中には登場が間近に迫ったモデルも展示されています。その一台がダイハツのブース(西1ホール)に展示された「ハイゼットカーゴ」。

会場の隅にひっそりと置かれているにも関わらず、今年フルモデルチェンジされた「ミライース」を彷彿とさせる精悍なフロントマスクは存在感抜群。

軽商用車というと、これまではクセのないプレーンなルックスが特徴でしたが、乗用車と同じく存在感のあるルックスが好まれていることから、今回のマイナーチェンジで表情をガラリと変えたと言います。また、細かな部分ではフロントバンパーを従来の2分割から3分割へ。万が一、傷つけてしまってもこれまでよりも安価で修理できるようになっています。

『東京モーターショー2017』の最新記事
【東京モーターショー2017】「隠れXV」アイコンに込められた意味とは? XV FUN ADVENTURE CONCEPTを徹底チェック!
【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】番外編・デザイナーの妄想を全開にした、いすゞ FD-Si
海外勢の「にわか電動化」に翻弄されない日本流のEV戦略とは?【東京モーターショー2017】
スズキ スペーシア コンセプトは愛着のある道具【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】
【東京モーターショー2017】MAZDAが2台のコンセプトカーに凝縮させた「日本古来の引き算の美学」とは?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事