おすすめ記事一覧

スバル・レヴォーグは2リッターがお買い得という3つのワケ

2014/07/11 11:33 by   ニュース・新車, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車

話題のニューモデル「スバル・レヴォーグ」。日本国内専用モデルとして開発された、ブランニューのスポーツツアラーは、全車が水平対向4気筒直噴ターボエンジン、リニアトロニック(CVT)、シンメトリカルAWD(四駆)というパワートレインで、まさにスポーツ性をアピールするツーリングワゴンとなっています。

levorg20GT-S14411

そのパワートレインは、1.6リッター、2.0リッターというエンジンが用意されていますが、その排気量によってリニアトロニックやAWDの仕様が異なるなど、比べていけばいくほど選択に迷うところ。1.6リッターターボでも十分過ぎるパフォーマンスを持つことで、1.6リッターに軍配が上がるという評価も少なくありません。

しかし、見方によっては2.0リッターが有利ともいえます。その3つの視点を紹介しましょう。

1.パワー・マネー・レシオでは2.0が有利!

エンジンパワー(馬力)が同じでも車重が軽いほうが速いということを示すものとしてパワー・ウエイト・レシオという指標は昔から使われています。それと似た考え方で、馬力あたりの価格でお買い得感を比較しようというのが「パワー・マネー・レシオ」。かつては「1万円/馬力」がお得に感じる境界とも言われていました。

では、仕様の似ている1.6GT EyeSight、2.0GT EyeSightで価格(税抜き・メーカー希望小売価格)と最高出力(馬力)の関係を比べてみましょう。

1.6GT EyeSight 257万円 170馬力  1.51万円/馬力
2.0GT EyeSight 310万円 300馬力 1.03万円/馬力

この指標でいうと、圧倒的に2.0リッターターボのほうがお買い得なのです。



あなたにおすすめの記事