フロントに第4の眼が追加!? スバルWRX S4/レヴォーグの安全性能がレベルアップ!

2017年夏の商品改良によって、スバルWRX S4とレヴォーグの両車には、0~120km/hの速度域において、先行車への追従と車線中央維持を行なう「アシスト・ツーリングアシスト」を搭載することが明らかとなっていますが、進化するのはもちろんそれだけではありません。

「アイサイト・ツーリングアシスト」以外の商品改良について詳細は未発表ですが、プロトタイプによる「アイサイト・ツーリングアシスト」体験試乗の会場に展示されていた車両を見ると、バンパー形状の変更などによりブラッシュアップしていることが見て取れます。先進安全性能だけでなく、全体として磨き上げられていると予想されます。

とはいえ、アイサイトがステレオカメラというハードウェアはそのままに制御の領域で性能をアップさせたように、見た目でパフォーマンスがわかるという時代ではないのかもしれません。

ですが、新型WRX S4をじっくり眺めていると、これまでになかった新しいカメラを見つけたのです。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事